ちば里山センターとは

理事長挨拶

-ホームページのリニューアルに寄せて-

ちば里山センターのホームページが、今回、開設以来始めて、大きく変更されました。

平成16年 千葉県の里山をもっときれいにして、これを活用しよう。そのためには、地主、行政に加えて、市民の里山活動をもっと広げていきたい・・・ということでちば里山センターがスタートしました。

その後、千葉県里山条例の改定に伴い、企業、団体に門戸を広げる中、特定非営利活動法人(NPO)に発展し、現在に至っています。

その間、「里山」もポピュラーな用語となり、国際性も増し「SATOYAMA」と表記されることも多くなってきました。

森林の持つ多面的な機能は、京都議定書でCO2の温暖化ガス吸収源としても大きな役割を担い、加えて、生物多様性の保全回復のための主要な土地利用形態として、森林、里山の大切さが見直されてきました。

里山に入りたい人、里山で困ったこと、里山を舞台にして、企業活動を行ないたい人、里山を使いたい、活用したい人など、個人、組織を問わず、何の目的でも結構です。このHPを使って、いただきたいと思います。叱咤、激励も歓迎します。

2011年1月   理事長 金親博榮

特定非営利活動法人ちば里山センター〒299-0265 袖ヶ浦市長浦拓2号580-148
電話:0438-62-8895
FAX:0438-62-8896